手作り製本技術
                       

 
印刷

① データ

  A5サイズの書籍を作る場合を例にします。したがって、データはA5サイズで作成
  することになります。
  A4サイズにして、「段組」設定をする方法もあるのですが、文章とページとの関係
  が難しくなるので、勧められません。
  
② 用紙

  私は、「ペーパーミツヤマ」さんの「書籍用紙」を使っています。
  A4サイズのものを二つ折りにすると、書籍のサイズはA5になるわけです。
  用紙の厚さは72.5kのものにしています。

  用紙には流れ目(紙の繊維のならび)があります。
 A4の用紙を二つ折りにしますから、Y目の方が適していま
 す。

 私は当初、書籍の流通を想定していましたから、文字がきち
 んと印刷できる、レーザープリンターを使おうとしました。
 ところが、レーザープリンターは用紙に熱がかかるため、両面
 印刷をするとしわができてしまうのです。
 仕方がないので90Kのものを使うしかなかったのですが、堅
  くて二つ折りにするのに苦労しました。

  今は、インクジェットの優秀なプリンターが市
  販されていますから、その場合はより扱いが
  楽な72.5Kの用紙がベターだと思います。

③ 印刷

  両面印刷をします。
  そのときに重要なのはページ構成です。

 ← このような構成にしないと、
    二つ折りにしたとき冊子に
    なりません。





製本

① 折りたたみ

  重要な作業です。
  ここでの出来の善し悪しが、書籍の「品質」
  を左右します。
  ローラーを使って折り目を無ちんと付けます。
  細かいノウハウはあるのですが、文章で表
  現することは困難です。

② 組み立て

 ← 「見返し」にするA4の用紙を2枚、二つ折りにしてお
   きます。
   少し厚い紙にしてください。

   寒冷紗のテー →
   プをA5の長辺の
   長さに切っておき 
   ます。
                    テープの幅は書
                    籍の厚みに合わ
                    せます。

 ← 二つ折りにした用紙に見返しの用紙を加え、 
   「製本機」にセットします。
   
   下は自然な形で机の面に落とし、横は釘で
   位置決めをします。

   ひっくり返したりしてばらつきがないかを確
                         認した後、蝶ナットで固定します。


③ のり付け
  
  木工用ボンドを塗布して、ヘラで広げ  →
  ます。

  

  そのあと、のこぎりを使って傷を付け、 →
  紙にボンドをなじませます。



  
  寒冷紗で固定  →
  します。
  指でつまむと形が
                  整います。


  これでしばらく放置します。
  一度にたくさん作る場合は、もうひとつ「成形機」を用意すれば、繰り返して作業
  することができます。

④ 製本

 
  ← 寒冷紗の、「見返し」の部分をボンドで
     固定します。

  ← ボンドが乾いたところで、はみ出た部分
     をカッターで切り取ります。 

  ← 表紙と固定するための、両面テープを貼
     ります。

     下側が、寒冷紗と固定する部分です。
  




  表紙を用意します。

  私は、上質紙の縦方向をA4に合わせて、 →
  210×362ミリにカットしたものを使って
  います。


  あらかじめ冊子の厚さに合わせて、折り  →
  曲げておきます。

  折曲げは、スケールと千枚通しで跡を
  つけて作業しています。





 ← 寒冷紗の上にボンドを塗っておきます。
 





 ← 冊子を挟み込みます。






 
 ← 両面テープで固定し、はみ出た部分をカッター
    で切ります。




 ← カバーを掛けて
    完成です!

    カバーは、印刷
    屋さんに頼みま
    した。
  
                         ↑
                                急いでいて、ボンドが乾かないう
                                ちに作業を進めたので、いくぶん
                                ゆがんでしまいました。



 製本技術は、「ブナぶな考房」さんから教えてもらったものです。
             ↑
    http://bunakobo.sakura.ne.jp/

 「製本機」とローラーも購入させていただきました。

 みなさんも挑戦してみませんか。