企業の経営と運営全般について、何かお困りの
 ことはありませんか?
 現場主義に徹した、より具体的な改善指導を提
 供します。

 20年間の経験と実績と、時代の変化に即応した
 現実的な手法の提案を、ぜひご活用ください。

 
  企業のお医者さん  森 田 勝

  ★ 利益を生み出す
プロセス改善を実行します。

  ★ モノ作りの
現場改善で生産性と品質を向上させます

 人を育てることにより、企業の戦力のレベルアップを図ります。

 経営の役に立つISOマネジメントシステムを社内に構築します。

  ★仕事のムダを発見し、それを取り除く対策を実行します。

  
 
         ムラサキツユクサ                       6月 15日  更新
 
   
     ムラサキツユクサは、日本古来の野の花「露草(ツユクサ)」と同じツユクサ科の別属の仲間の総称です。
     ツユクサの青色より紫に近い花色のものが多いので、「紫露草(ムラサキツユクサ)」の花名になりました。
     もともとは北米原産ですが、16世紀以降ヨーロッパに渡り世界各地の温暖な地域に広まりました。
     日本には明治以降入ってきて、園芸種として栽培されるようになり、やがて帰化していきました。
                                                   (「はなたま」よりいただきました。)


あと あと のあと   2019年6月 


   若かった頃の 事をきかせて どんな事でも 憶えてるなら
   思い出たちは すげなく消える

   その時君は 何を思って どこへ行こうと してたのだろう
   何かを信じて 歩いていたのか

   心はやすらいで いたのでしょうか 希望の光を 浴びていたでしょうか

   街を流れる 人にまぎれて たった一人で 空を見上げる
   あなたの事を 考えている

   僕らの夢は 想いのままに 歩き続けて 行っただろうか
   明日の事を 恐れないまま

   欲しかったものたちに 届いたでしょうか 走り抜ける風を つかめたでしょうか
   時がやさしく せつなく流れ そっとこのまま 振り返るなら                
 「アゲイン
   僕らは今も 自由のままだ
                                     詞 ・ 曲  吉田拓郎




6.20
 昨夜は、つくばでの仕事が21時過ぎまでかかり、そのあと社員の方に車で習志
 野
まで送ってもらい、ホテルに着いたのは23時少し前になっていた。

 なでしこジャパンの試合が4時からあったけれど、それまで起きているというわけに
 もいかないのでいったん眠りについたが、目覚ましもセットしてなかったのに、自然
 に目が覚めたのは4時5分前だった。
 そして後半の2点目を取られたところで見るのをやめた。

 今日は、久しぶりに福島県の郡山にやってきた。いつ以来だったのかは定かでは
 ないが、たぶん震災に遭ってから初めてのことだと思う。
 東北新幹線の各駅停車は途中の駅に止まってばかりいて、ずいぶん遠いところの
 ように感じた。
 明日の金曜日、家に帰り着くのは何時ころになるだろうか。
 
6.19
 昨夜の22時22分、私は茨城県の土浦市のホテルの8階の部屋にいて、「BSテレ東」
 の「プラス10」を見ていた。
 そこに飛び込んできたのは、「緊急地震速報が出ました。強い揺れに警戒してください。
 落ちてくるもの、倒れてくるものからは、離れてください。けがをしないように身を守って
 ください。テーブルや机の下に隠れてください。倒れやすい家具などからは離れてくださ
 い。各地の震度は情報が入り次第お伝えします。緊急地震速報が出ています。強い揺
 れに警戒してください
」という放送。
 本当に地震が来るのかと身構えていたところ、しばらくして部屋が揺れ出してそれが長
 い間続いた。
 今までは、揺れが来る前に本当に警報が出されるのかを疑っていたが、これだけ前もっ
 て知らされると、少なくても心構えだけはできる。

6.18
 背骨を骨折してからは、駅ではできるだけ階段を避けようと、エレベーターやエスカレ
 ーター
を探している。
 「バリヤフリー化」が叫ばれて久しいが、駅には意外とこれらの設備が備わっていない。

 エスカレーターは、お決まりのように左側に立っているのだが、右側を急いで歩いて行
 く人がいっぱいいる。特に危ないのは下りの場合で、少し躓けば転倒して大けがをして
 しまうだろう。
 
 JR東日本は、「エスカレーターでは歩かず、立ち止まるように」と呼びかけていて、それ
 に対する論議が巻き起こっているが、万一の場合他人を巻き込まないためには、やっ
 ぱりエスカレーターでは歩かないことだ。
6.17b
 なぜ「死にたいなら一人で死ね」と言うべきではないのでしょうか。「無差別殺人で
 家族を奪われた人の気持ちを考えたらごく自然な感情ではないか。偽善者ぶるの
 もいい加減にしろ」という声に共感した人も少なくないでしょう。

 でも、言っちゃいけないと思う。胸の内で思っても、言葉にするべきじゃない。なぜ
 ならそれは憎悪の言葉だから。憎悪の言葉は憎悪を生むから。きれい事ではなく
 リアルに次の事件を防ぐためにも、呪詛は口にしてはならないのです。

 人を巻き添えにしてこのクソみたいな世界と人生に別れを告げてやろうと考えてい
 る人に「死ぬなら
一人で死ね!」と言ったら「そうか、ならやめよう」となるか。ならな
 いでしょう。「
一人で死ね(お前なんか死んでもいい)」と言われたら、そいつへの憎
 悪も込めて復讐しようと思うかもしれない。だったら世間に当てつけをしてやろうと
 思うかもしれない。だから「死にたいやつは
一人で死ね」には何の効力もないばか
 りか、むしろ新たな犠牲者を生む手助けをしてしまう呪いの言葉なのです。憎悪の
 発散と正義感を取り違えないで。


      「小島慶子の幸複のススメ!」  AERA 6.17号からいただきました。

6.17a  
 新日本プロレスの、「HEIWA presents G1 CLIMAX29」の出場選
 手と、組み合わせの全日程が発表になった。
 アメリカのテキサス州ダラスで行われる開幕戦から、8月12日の武道
 館での決勝戦まで、A・Bブロックごと10人による総当たり戦で、全20
 試合
にもおよぶ。
 ひとつでも見逃すと次へのストーリーが繋がらないから、全試合を追い
 かけることになる。幸い今は、ネットなら当日の試合を時差で見ること
 ができるから、この期間中の夜間は、映画など見に行っていられない
 のです。
6.16
 アゲハチョウの幼虫が、山椒の木にいるのを見つけた。
 山椒の葉が食べられて、枝が丸坊主になっているところがあったのに、今ま
 でいるのに気が付かなかった。

 別の所にある山椒の木の枝も丸坊主になっていたから、探したのだが見つ
 からなかった。

 もしかしたら、私が隣の木の消毒をしたときに、液がかかってしまったのかも
 しれない。アゲハチョウの幼虫が成虫になるまでには、たくさんの試練があ
 るのだろう。
 
6.15
 タチアオイが咲き始めたけれど、まだ全体から見ると、1割くらいしか咲いて
 はいない。
 去年の日記を開くと、17日に親戚の叔母さんに見に来てもらっているから、
 そのときが最盛期だとすると、今年は1週間以上遅れている。

 今や我が家は
タチアオイ屋敷の様を呈していて、庭や土手や畑の隅には、
 大きくなった
タチアオイが林立している。
6.14b
 「やすらぎの刻・道」では、囲炉裏を囲んでみんながを綯(な)っている場
 面がよく出てくる。
 しかしながら、を綯うことができる私から見ると、あれは単に(わら)を手
 のひらでもてあそんでいるだけた。
 なぜ私がを綯えるかというと、小さいころはそれが日常の作業だったから。
 を叩いて柔らかくしたものを、両手の手のひらで縒(よ)るわけだから、そん
 なに太いができるわけではない。
 今はコンバインで稲刈りをするときに穂以外の部分も切断してしまうために、
 を手に入れることも難しくなってしまった。
6.14a  
 今日から「チケット不正転売禁止法」が施行された。

 吉田拓郎のコンサートは、当日会場で、本人確認が出来る身分証明書の提示が求め
 られていた。だから私は運転免許証を用意していったのだが、入場口の係員は、私の
 顔を見て確認することはなかった。
 その時に感じたのだけれど、あのものすごい人数の観客を、一人ひとり確認するなどと
 いうことは無理なことだ。今回は、ある程度の抑止力にはなったのだろうけれど、もう少
 し確認する方法を考えないと、「不正入場」を確実に防止することはできない。

 法律が施行された今日でも、神田共立講堂のチケットは、1枚2万円のものが15万円
 で売られている。
6.13
 2018年9月に他界した樹木希林が生前、自身初となる企画の下で製作された映画で、
 実在の事件をモチーフに、60歳を過ぎても38歳と偽って色香で男たちをだまし、最後は
 異国の地で逮捕された女の姿を描いた。

 渡部聡子=自称
エリカは、愛人である平澤育男の指示のもと、支援事業説明会という
 名目で人を集め、架空の投資話で大金を集めていた。しかし、平澤が複数の女と付き合
 い、自分を裏切っていることを知ったエリカは、平澤との連絡を絶ち、金持ちの老人をたら
 し込んで豪邸を手に入れた。老人ホームに入っていた母を呼び寄せ、今度は自ら架空の
 支援事業の説明会をおこない金を詐取していく
エリカだったが……。

 
エリカ役は、45年ぶりの映画主演となる浅田美代子が務めた。樹木は浅田の代表作に
 なってほしいという思いから今作を企画し、自らもエリカの母役で出演している。 

                                           (映画 . com)


 
こうやって映画の話題ばかり取り上げると、よほど暇で遊んでばかりいると思われるかも
 しれませんが、「長いお別れ」は、蒲田での仕事が終わったあと「
TOHOシネマズ日比谷」に移動して見たものだし、
 今日の「エリカ38」は、八王子での仕事が午後からだったため、朝から「
TOHOシネマズ南大沢」にまで行って見たも
 の。 こうやって、自分の
感性が錆び付くことを防いでいるということです。

6.12
 私は、老後の人生設計をしてこなかった。
 公的年金をあてにするとか、その代わりに生活資金を貯めるとかいったことを、まった
 く考えてこなかった。その理由は特になくて、単に
老後のことを真剣に捉えていなかっ
 たというだけのことだ。

 だけど、実際に70歳を目前にしている今、金融庁金融審議会の報告書にある、「
夫が
 65歳以上、妻が60歳以上の無職世帯が年金に頼って暮らす場合、毎月約5万円の
 
赤字が出るとの試算から、その後30年間生きると仮定すると、約2000万円が不足
 する
」という内容は、あながち的外れではないと思っている。
 ただ、60歳までに、2000万円の資産を残すということは、特殊な場合を除けば、ほ
 ぼ不可能なことだ。だけど、自分の
老後の生活は、自分で守るしかないことは極めて
 現実的な問題になってきた。

 こうなってしまった要因のひとつに、
家族の崩壊が挙げられるのだと思う。つまり、子どもが親の面倒を見るという図式
 が崩れてしまっているのだ。最近は田舎でも多くなっているが、特に都会では、両親と同居するというパターンはほぼ
 なくなってしまった。そして子どもには、親を養っていくだけの経済力がない。

 したがって事は深刻なのだけれど、この問題に限らず、物事を誰かに依存するという発想をベースにして組み立てるこ
 とは、避けなければいけないことなのだろうと思う。
 
6.11b
 初の商業映画監督作「湯を沸かすほどの熱い愛」が日本アカデミー賞ほか多数の
 映画賞を受賞するなど高い評価を獲得した中野量太監督が、
認知症を患う父親と
 その家族の姿を描いた中島京子の小説「長いお別れ」を映画化。これまでオリジナ
 ル脚本作品を手がけてきた中野監督にとっては、初の原作ものとなった。

 父・昇平の70歳の誕生日で久しぶりに集まった娘たちは、厳格な父が
認知症にな
 ったという事実を告げられる。日に日に記憶を失い、父でも夫でもなくなっていく昇平
 の様子に戸惑いながらも、そんな昇平と向き合うことで、おのおのが自分自身を見つ
 めなおしていく。そんな中、家族の誰もが忘れていた思い出が、昇平の中で息づいて
 いることがわかり……。                         
(映画 . com)

 
昇平に認知症の兆候が現れたのは70歳のとき。 明日は我が身だ。
 おじいさんは死ぬときまで全然ぼけていなかったし、おばあさんも最後までしっかりし
 ていた。だから私も、遺伝的にはぼけないだろうと思うけれど、少しでもその気配が
 みられたら知らせて欲しいと、周りの人たちにはお願いしている。

 
6.11a  
 昨夜は1時から、なでしこジャパンの、女子ワールドカップ対アルゼンチン戦を
 見た。
 最近は、眠ってから3時間経ったころ目が覚めるので、それを計算して22時に
 ベッドに横になったが、眠ることが出来ずにそのまま試合をむかえた。
 ただ内容はふがいない試合で、圧倒的にボールを支配しておきながら、なか
 なかペナルティエリアに入って行かれず、攻めないものだからファールをもらえ
 ることも少なく、これでは上位ランクの国と戦えるわけがないと思った。
 アグレッシブさが欠けていたのは、もしかしたら日本人の特性かもしれない。
6.10  
 移動日に充てている月曜日は、なるべく早い時間に家を出るようにしている。
 その理由は、東京のラッシュアワーに遭遇したくないからだ。

 今日は、同級生のお母さんのお葬式が14時からあった。遅い時間だなあと
 思ったが、義理受けくらいはしているだろうと、11時半ころ斎場に行ってみた
 が、駐車場はがら空きで場内には誰もいない。
 係員の方が言うことには、今焼き場に行っていて、戻るのは12時過ぎになる
 とのこと。出直すしかなかった。

 そして東京のラッシュアワーにかち合った。大きなキャリーバッグを引いてい
 る人なんか、迷惑この上ない。だから、山手線も京浜東北線も、乗ることができる電車をひとつやり過ごし、待っていた
 人が全部乗車したあとで、ホームの先頭に並んだ。次に来た電車に先頭で入れば、人と人との押し合いが少ない、奥
 の方に行くことが出来ることを狙ったのだ。

 片道5時間の移動時間。これだけでも体力を消耗してしまいます。

6.9
 手前の黄色くなって枯れかけているのが紫色の花の種類で、向こうのもの
 が白い花の種類のエンドウだ。
 白い花のものは春先に全部枯れてしまったので、新たに蒔いたものが育っ
 て、いつもなら短い収穫時期のものが、結果的に長いあいだ実を収穫できる
 ことになった。
 エンドウは、冬越しをさせなければならないはずなのに、春蒔いたものでもそ
 んなに差がなく収穫できる。ということは、わざわざ秋に蒔かなくてもいいこと
 になる。
 なぜ冬越しをさせなければならないのかは、これからの研究課題だ。

6.8
 霜にやられたあとに植え替えた野菜たち
 は、どれもが順調に育っている。
 先週はナスキュウリの整枝をし、今日
 はピーマンに手を入れた。
 トマトは脇芽を取るだけの整枝なのだが、
 1本だけ間違って本幹を切ってしまった。
 いちばん立派な実を付けているトマトに、
 かわいそうなことをしてしまいました。心
 が痛んでいます。

6.7
 山手線なんかに乗り込んでくる女の子の中に、すっぴんなのにもかかわらず、シミひとつ
 ない綺麗な肌の持ち主に出会うことがある。私はそれを、うっとりして見とれている。

 よく泊まるホテルには、机の正面に大きな鏡が備え付けられており、嫌でも自分の顔が目
 に入る。年相応と言えばそれまでだが、そこにはシミが浮き出た顔がある。
 
 ムダなことだとわかっているけれど、最近「ケシミン」というクリームを、寝るときに顔のシミ
 のある場所に塗っている。
 そして、シミが薄くなってきたと喜んでいるのだから、おめでたいと言うしかない。もっとほ
 かに努力しなければならないことが、いっぱいありそうなものだけれど……。
6.6
 田原 9条2項があるから、安全保障の大事な問題をまったく議論できないと。じゃあ、9条
     2項を削除したらどうなりますか?


 井上 9条の問題は、2つあるんですよ。ひとつは、安全保障政策についての実質的議論
     が棚上げされ、
9条解釈の「神学論争」にすり替えられてたという問題。もうひとつは、
     9条があるせいで、私の言う「戦力統制規範」(戦力が濫用されないよう、戦力の編
     成方法・行使手続きを統制する規定)、具体的には、武力行使の国会事前承認、文
     民統制、軍事司法制度などがミニマムな戦力統制規範ですが、こういった規定が憲
     法に盛り込めないという問題です。

 田原 なるほど。

 井上 私の言う「ミニマムな戦力統制規範」さえ、今の憲法には定められない。なぜなら、
     条
2項で、「戦力は持たない」と書いていますから。
     「戦力は持たない」と書いているのに、その後に「戦力の行使には国会の承認が必要」とか、「戦力の最高指
     揮令権は首相にある」なんて書けない。


 田原 うん書けない。

 伊勢崎 繰り返しますが、9条2項は単に欠陥条項です。「戦争はやめたと自分に言い聞かせているから、戦争犯罪
      をおかす場合については考えない」と言っているのですから。
9条2項の存在自体が国際人道違反です。

         「脱属国論」    田原総一朗・井上達夫・伊勢崎賢治   毎日新聞出版社 からの抜粋です。

6.5  
 舞台には、大道具や小道具の類いはひとつもなく、アル
 ミフレームとアクリル板が付いている透明な箱のようなも
 のにそれぞれの「場」が入っている。それが次々に登場
 し、場面の展開に合わせて舞台上を動き回っている。
 マイクは使われず、台詞は地声だから、集中していない
 と聞き取れない。
 見せる仕掛けでは、「血の赤さ、血のほとばしり」が強調
 されていて、猫の腹を切るシーンでは、中から血がどばっ
 と出る。 これが蜷川幸雄ワールドなのだろう。
 4時間近いという長い演劇を見るのは初めてのことだが、
 その質の高さには、ただただ圧倒された。
6.4b
 「ラジオでナイト」を聴いていれば、コンサート
 内容は予想できたのだけれど、スタートは拓郎
 一人が登場して、「今日までそして明日から」の
 さびの部分を歌い出したのは意外だった。
 今回のコンサートは、今までの「ヒットパレード」
 の様相とは一線を画し、拓郎のメッセージが伝
 わってくるような内容だった。
 それは、「やせっぽっちのブルース」、「ともだち」
 「恋の歌」といった、初期の曲を織り込んだこと
 からもうかがえる。
 今月のホームページの表紙にした「アゲイン」は予想通り入っていたし、最後の「今夜も
 君をこの胸に」も、私の思いとぴったりだった。
 今後コンサートをするかしないかについては断言しなかったが、これからも音楽活動を続
 けることは約束してくれた。
 私の今年前半のメインイベント。幸せなひとときを過ごすことができました。

6.4a
 毎年恒例となっている、新橋演舞場
 での「熱海五郎一座」の公演。
 今年は、「翔べないスペースマンと危
 険なシナリオ~ギャグマゲドンmissi
 on~」という題で、ゲストは、高島礼
 子と橋本マナミの二人だった。
 これを桟敷席で見ることが出来たの
 だけれど、橋本マナミの演技が思った
 以上に上手だったのが、印象に残って
 いる。

6.3b
 いつ、前のインプラントのオペをしたのかを、忘れてしまったくらい前のことになる
 が、それからずっと、茎の上の部分が下がってくるのを待っている。それは、
 見栄えをよくしたいがためだ。
 それに加えて、並びも修正しようとしている。その理由は、斜めに生えていた
 抜いてしまってあったので、前が2本そろって並ばないからだ。
 「テレビ」に出る予定なんかないから、そんなにきちんとしなくてもいいと言っている
 のに、医者さんは妥協したくない様子。それはそれでありがたいこと。
 ただ、仕事をしている今はいいとしても、家にいるようになったら体裁はどうでもいい
 し、だいいちお金が続かない。
 これだけの手入れをきちんとしてくれるのは、もっと長く仕事をやりなさいという、
 天からの思し召し(おぼしめし)なのだろうか。
 
6.3a
 舜クンが、「スイッチ」でゲームをしている最中に、何を急いでいるのか大きな声で
 パパを呼んでいる。そして、「かきん」をしてくれるように頼んだ。
 最初は何のことかわからなかったけれど、すぐにそれは「課金」のことだと気が付
 いた。小学校1年の子どもが、いまやこんなことを言っているんだよ。
 あとで琉クンに「課金」とは何のことか尋ねたところ、「強いアイテムを買うこと」だ
 という答えが返ってきた。まあ、それは知っていたけれどね。

 ちなみに、私はゲームは全否定。こんな生産性のないことで、貴重な時間を潰し
 てしまったのでは、どうしようもないではないか。
6.2b
 地上波で生中継されていたLPGAツアー第13戦「リゾートトラスト レディス」
 は、プレーオフ2ホール目の、原英莉花がバーディパットを打つ直前で、時
 間切れになってしまった。
 「この続きはBS放送でご覧ください」といわれても、録画したものだから切り
 替えることができない。
 そこで、恐る恐るネットで結果を見る羽目になったのだが、原英莉花のバー
 ディーパットが入り、初優勝を成し遂げていた。
 ここしばらくは彼女を応援していたから、ことのほか嬉しい。それにしても「
 金世代
」と呼ばれている選手たちの活躍はめざましく、ベテランはもちろんの
 こと、中堅層の人たちの影がすっかり薄くなってしまった。
6.2a
 茎の6割が倒れたときが、タマネギ
 の収穫時期。
 長袖と長ズボンを着て、軍手をして、
 たくさん引っこ抜けたね。
 今年のタマネギは、どういうわけか、
 半分近くが双子でした。いつもと品
 種は同じなのに、どうしちゃったの
 だろう。
6.1

 昨夜帰って来て、真っ先にテレビを点け、WOWOWにチャンネルを合わせた
 ときから、なんだかリズムが狂ってしまったようだ。そこには、全仏オープン
 の錦織圭が映っていた。

 昨夜は、ホームページの更新と、領収書の発行と、あわよくば録りためてお
 いた「やすらぎの刻」を見るつもりでいた。パソコンの調子が悪くて作業にも
 手間取ったけれど、なんといっても集中力を欠いた原因は、錦織圭の試合
 展開だった。いつまでも決着が付かなかったため、結果が気になって、何回
 テレビのスイッチを入れたり切ったりしたかわからないほどだ。

 そしてその影響は、運動会当日にあらわれた。ビデオで撮影している途中で、充電がなくなり、スペアーに切り替えた
 らそれを充電してなかった。つまり、事前の準備にまで気が回らなかったということである。