企業の経営と運営全般について、何かお困
 りのことはありませんか?
 現場主義に徹した、より具体的な改善指導を
 提供します。

 23年間の経験と実績と、時代の変化に即応
 した現実的な手法の提案を、ぜひご活用くだ
 さい。

 
  企業のお医者さん  森 田 勝

  ★ 利益を生み出す
プロセス改善を実行します。

  ★ モノ作りの
現場改善で生産性と品質を向上させます

 人を育てることにより、企業の戦力のレベルアップを図り
   ます。

 経営の役に立つISOマネジメントシステムを社内に構築
   します。

  ★仕事のムダを発見し、それを取り除く対策を実行します。

  
 
         朝顔                 8月 7日  更新
 
   
毎年、車庫の壁にネットを張って育てている朝顔です。
品種はひとつだけ、「ヘブンリーブルー」。
実生だから自然に芽を出してくれますが、やや密集しすぎているから、花が全体に広がるかを心配して
いるところです。


あと あと のあと 2022年 8月




   せんこう花火が欲しいんです 海へ行こうと思います
   誰かせんこう花火ください  ひとりぼっちの私に

   風が吹いていました ひとりで歩いていました
   死に忘れたトンボが一匹 石ころにつまづきました

   何でもないのに 泣きました


     「せんこう花火」  詞:古沢信子  曲:吉田拓郎



8.7b
 今週は木曜日から家にいることができたので、4日間、朝
 晩のあまり暑くない時間を使って、畑の草取りをほぼ終わ
 らせることができました。

 酷暑の利点がひとつだけあって、それは、を土から浮か
 しておくとすぐに枯れてくれることです。

 雨模様の日もあったので、ジャガイモを収穫したあとに
 を集めたのですが、これだけの量が畝(うね)に生えてい
 たことになります。

 これでやっと、お盆を迎えられそうです。
8.7a  
 「伊那の市民プールに行って、スライダーですべる」を使いました。
 昨日なんか涼しかったのですが、今日はまた酷暑に戻りました。
 夏はこうでなければいけません。
 「暑い、暑い」と言っていても、もうすぐ、「30℃のときが懐かしかった」という、寒い季節がやって来ます。
 
8.6
 私が使っているパソコンは、タブレットの部分が取り外せ
 るタイプだ。
 家に帰ったときは、舜クンが取り外して使っていて、階段
 の上にいるのがいちばん落ち着けると言っていた。

 朝起きると血圧を測定し、エクセルのグラフに入力すると
 きは何でもなかったのだが、朝食を食べて畑に出た後に戻
 ってきたときにパソコンに向き合ったところ、蜘蛛の巣が
 張り付いているではないか。

 おかしなことがあるものだと触ってみると、それは蜘蛛の
 巣ではなくて画面がひび割れているのだった。
 すぐに舜クンが階段から落としたのだろうと思ったが、本
 人に問い詰めても「落としていない」と言う。

 そのあと破損した部分に触らしたりしたところ、落とした
 ことを認めた。
 正直に認めたので、叱ることはせずに、「嘘を言ってはいけないよと」と諭してその場は終わった。

 舜クンは午前中は学校の行事があったので、それに行って返ってきたのだが、私のところにやってきて言ったこ
 とは、「僕は大学には行かないから、僕のお金を使って」というものだった。
 舜クンの口座にお金を振り込み、「大学に進学するときに使う」内容の領収書を書かせているから、そのお金の
 ことを言っているのだった。

 少し時間をおいた後、「勉強をして大学に行く」ことを指切りをして約束をしたのだが、なんだか可愛そうにな
 ってしまいました。

 パソコンは「奇跡的に」液晶にまでダメージが及ばず、友人が透明のフィルムを貼って応急処置をしてくれたけ
 れど、いつダメになるかわからないので、新しいものを注文したところです。
 こんどは、タブレットの部分が取り外せないものにしました。
 
8.5
 
 舜クンが、「大田切の河
 原に行って、カツ棒を食
 べる」のを使用しまし
 た。

 爽やかな風が流れてい
 る、駒ヶ根高原。避暑に
 はもってこいの場所で
 す。
8.4
 トヨタのディーラーから、「新型クラ
 ウン
」のパンフレットが届いた。

 もうセダンではなくなるとも言われて
 いたが、これは少なくともSUVでは
 なく、ずっと憧れていた「GT-R」
 のイメージだ。

 「クラウン」のユーザーは高齢化にな
 っているということで、若者にも魅力
 を感じさせるようなデザインで、さら
 には「クラウン」としての重厚感も漂
 っている。

 さあ、展示車が来たら見に行こう! 
8.3b
 今年度の最低賃金(時給)について、労使の代表者らが協議する中央最
 低賃金審議会(厚生労働相の諮問機関)は2日、引き上げ額の目安を過
 去最大の31円(3.3%)とするよう後藤茂之厚労相に答申した。
 目安通りに改定されれば、全国加重平均は
961円(現在は930円)
 となる。  
                  (毎日新聞から)

 私が手がけている会社のように、商品の売価に転化できない会社はどう
 対応すればいいというのだ。
 電気やガス代の値上げでさえヒーヒー言っているのに、そのうえ人件費
 が上がるとなると、更に利益を出すことが難しくなる。
 企業が赤字の状態が続くと、本当の意味で従業員の生活は向上しないわ
 けだ。

 私がこの仕事を続けているのは、お客さんの会社の従業員の皆さんの生
 活を守り、さらには向上させるためだ。
 最低賃金の上昇を吸収させるには、さらなる改善努力を続けるしかない
 のに、それを上回る形で環境は変化している。

 そもそも最低賃金は「自由化」するべきだと思っている。そうすれば当然のように、求職者は時給の高い会社に
 就職しようとするだろう。
 ここからが大事なことなのだが、高い時給を払うということは、それに見合うだけのスキルが求められるのだ。
 それなのに、最低賃金は、スキルの有無に関係なく時給を保証せよという。そんな状態では本人が努力をしなく
 なってしまうではないか。

 「自由化」というのは、自然の流れに沿うことである。そうすれば、もしかしたら「最高賃金」を制限しなけれ
 ばならなくなるかもしれない。
 最低賃金はひとつの例に過ぎないが、資本主義経済の摂理に逆行しようとしている今の社会の風潮に、私は日本
 の国の将来を憂いている。
 
8.3a  



 八王子駅のホームにある自動販売機です。

 清涼飲料水の類いは全部「準備中」でした。

 厳しい暑さを物語っています。
8.2














 毎朝5時半から外に出て、田んぼの土手や家の周りの草刈りをしている。
 3時間も経つと気温が上昇してくるし、何よりも身体がくたくたになる。

 家のまわりを綺麗にしておきたいのは、お盆におじいさんとおばあさんが帰ってくるからだ。
 働き者だった二人に恥ずかしくないようにしておかないと、二人の子供である価値がない。

 この間田植えをしたばかりだというのに、からはもうが顔を出しています。

8.1b
 昨夜は、今朝も5時半から草刈りをしなければならないか
 らと、0時前には寝ようと、睡眠導入剤を3/4飲んだ。
 
 ベッドに横になってから、そういえば畑岡と古江はどうな
 っているだろうかとスマホでニュースを見たところ、なん
 と古江が2打差でトップに立っているではないか。

 あわててWOWOWの中継を見始めたのだが、目の前で
 17番18番と連続でバーディをとって、優勝をほぼ確実
 にした。
 そこで、後続選手の結果は明日の朝見るようにと録画をセ
 ットして再びベッドに横になりました。

 睡眠導入剤は、睡眠薬と違って、眠ることに「協力」しな
 いと眠りに入ることができません。 おそらく心理的なものが影響しているのでしょう。
 最初に飲んでから時間が経ってしまったので、もう1/4錠を追加で飲んで、眠りについたところです。 
 
8.1a  
 先週の金曜日のお話。

 水曜日あたりから、左眼が充血して赤くなっていた。
 木曜日に行った会社では、「痛々しい」とまで言われた。

 その日は「あずさ」が5時間も立ち往生していたため、眠りについたの
 は4時過ぎで、金曜日の朝はまともに起きられなかった。
 そのうえ大谷が登板した試合を見ていたらお昼になってしまい、その段
 階で眼医者さんに行かなければと思った。

 東京で白内障の手術をするまで通院していた「昭和伊南病院」に行った
 ところ、午後は外来を受け付けていないということだったが、私の赤い
 を見て、なんとか診察してくれることになった。

 「県外に行きましたか?」という質問にまともに答えたところ、「発熱
 者専用室」というところで診てくれたが、未だに県外への移動を問題視
 していることに違和感を覚えた。
 長野県だけが「安全」な地域だと、まだみんなは思っているのかい?